アルツハイマーのことを理解する

アルツハイマーという病気はご存知でしょうか?

 

映画の「私の頭の中の消しゴム」という物語で一時は話題になりましたが、ご存知でも無い方は多いのではないかと感じます。

病名は聞いたことがあるけど、具体的な症状や原因などが分からないという方のために、お役に立てる情報を提供できればと思います。

アルツハイマーには若年性アルツハイマー病、アルツハイマー型認知症があります。

ここでは主にアルツハイマー型認知症についての色々な事を紹介させて頂きますので、予防や病気の理解などご家族の方が心配であればチェックをしてみるポイントなどの参考にしてください。

主にアルツハイマーというのは60代以上の方から起こりやすいという統計データが出ています。

年齢を重ねるに連れて、物忘れや記憶力の低下というのは著しくなってきますが、アルツハイマーの特徴とはまた違うものになっていまして、診断によってはっきりと病名がつけられることになります。

もしかしたら、ご家族の方がアルツハイマー型認知症ではないかと疑わしいと思った場合には検査を早急に受けることをオススメします。

認知症の一種であるアルツハイマー病ですが、治療方法や介護などでご家族の方も苦労するかもしれない、どうすればいいか分からないという不安を抱いている方は少なくありません。

正しい知識を取り入れて、冷静に適切な対応を取ることで、サポートをして治療に専念させてあげるということが重要になってきます。

症状がひどくなってくるに連れて、悲しくもなり辛くもなりますが、ご家族自身も病気を受け入れることや大切な家族のための支えをしてあげることが大切ですので。

ただし、どうしても抱えきれないということになれば、介護施設などのサービスも今は充実していますので、利用されることも1つの方法です。

様々な医療や介護サービスに、支える知識を取り入れることでアルツハイマーに対応できますし、初期症状なども分かっていれば早期発見で治療が出来ます。

アルツハイマーという病気を、高齢者の家族がいる方は、いつかは発症する病気かもしれないということは頭に入れておいて、理解しておくことをオススメします。

アルツハイマーに関する様々な原因

アルツハイマーについて、どうして発症をしてしまうかというのは原因が明確にはなっていません。

いくつかの説がありますので紹介させていただきますが、科学的にも完全に原因が解明できていないために、ある程度の予防をすることでアルツハイマーを回避できることはできますが、完全に防ぐというのは難しいと言えます。

やはり疾患にかかってしまうのは、年齢を重ねることによって脳の機能や変化が起こることにあります。

アルツハイマーの特徴として、病気にかかってしまう人が高齢者に多いというデータが出ていますので、脳機能の低下や加齢で脳が若いころと変わっていくことでニューロンに悪影響を与えてしまうということが原因なのではないかと、現状では研究されている形になっています。

また、悪影響を及ぼす物質が脳の中に滞在してしまうことで、萎縮をおこしてアルツハイマーが発症するという説もあります。

いずれにせよ脳がなにかしらの害を与えられて、発症してしまうことが分かっていますので。

様々な予防策が紹介されています。

食事の改善から運動など、アルツハイマー型認知症は認知症の種類の1つとなっていますので、なにもしなくなってからアルツハイマー型認知症にかかってしまったという人が多いですので、趣味や体を動かすスポーツや散歩にしっかりとした栄養をとることで、未然に防ぐことが出来るとされています。

人とのコミュニケーションをしっかりとることや、ストレスをためないことなど、活動的でポジティブ思考な人ほど高齢でも健康に生活ができているので、家族間のコミュニケーションや食事の改善、など色々な予防策でアルツハイマーにかからないように注意をすることが高齢になっていく過程で大切なことです。

早期発見のためにする事

アルツハイマーの主な症状としては、物忘れがひどいということが挙げられます。

最近ひどく忘れ物が多くなったなと心配になったら、早期発見のためにも診察を受けてみることをオススメします。

アルツハイマーの病気が進行してしまうと、常識では考えられないような行動をするようになってしまって、家族ではサポートができないような状態に陥ってしまうこともあります。

ひどくなった状態の段階で診断をされても、中期認知症であったり重期認知症となっていて、治療や改善が難しくなるということになりますので。

自分が今どの場所にいるのかわからなくなったり、深夜に徘徊をするようになったりなどの行動が現れるようになると、症状が進んでいる可能性があります。

物忘れがひどくなったり日付を思い出せなくなったという時点で、少しアルツハイマーの傾向があるかなと自覚することで、すぐに診断に行くことが出来ますので、本人に自覚がない場合でも気軽に一度行ってみようという感じで誘ってみるのがいいのかもしれません。

人を認知症呼ばわりするなと、怒りを表す方もいますから慎重な対応をすることが必要になります。

症状が進むと、ちょっとしたことでも激怒するようになるので、早めの診断で早期発見・早期治療がポイントになります。

おかしいな?と感じた時点で、診察に行くこと。

心配をするのに目安となるのは顕著になってくる物忘れや記憶力の低下となるでしょう。

最終的には寝たきりの状態になったり介護を必須とする形になってしまいますので、早め早めに動くことを心がけるようにして下さい。

大切な家族のために、健康管理と健康維持をしっかりして、アルツハイマーなどの認知症を予防していきましょう。

予防には食事とコミュニケーションを欠かさない

アルツハイマーにかかってしまうのは高齢の方に多いのですが、大事になってくるのはまず予防、そして早期発見で治療開始をすることで症状が緩和したり、改善につながるというケースも有ります。

ですので、まずは予防をすることが大切になってきますから色々な対策をして、健康を管理しながら発症しやすいアルツハイマーに気をつけていきましょう。

生活習慣病と言われつつある病気なので、重要なのは日々の生活の管理と言えるでしょう。

食事を栄養がしっかりとしたものにする、運動を毎日欠かさずにおこなう、ストレスを溜めないように趣味をもってリフレッシュをするなどが大事になりますので、日常の生活を改善することがアルツハイマーの予防につながっていきます。

認知症は6割程度がアルツハイマー型認知症と言われるほど、多くの方が発症しています。

食事療法としては、高血圧や肥満症であったり高コレステロールとなるような食べ物を控えて、1日のカロリーを計算しながら美味しい食事をとることが大切です。

高齢者は食生活が悪い、あるいは全く食べなくて栄養失調になることが多いので、カロリーが高くなくて美味しい料理を作るように心がけることです。

味覚に嗅覚が低下していくので、病院食のような薄味の食事では満足できないのですが、一工夫を加えることで美味しい料理が出来るのかもしれません。

もう1つの手段として、コミュニケーションをよく取るように心がけることです。

高齢者の方の趣味サークルや付き合いを多くしている人は発症する人が少ないというデータが出ています。

家族間でよく話したり、友人を持つことでアルツハイマーの予防につながっていきます。