普段と違う行動が見られるようになったら

普段はほとんどミスをしない人が、急にミスを連発するようになる。

滅多に遅刻をしない人が、ここ1ヶ月で3回も遅刻をしてしまう。

いつも笑顔で優しい人が、怒りっぽくなったりあまり笑わなくなった。

このように、普段とは違う行動が見られるようになったら、それは何らかの要因があるかもしれないのです。

例えば、認知症の人が上記のような行動をよく取るようになります。

したがって、普段と行動が変化がすると、認知症の前触れかもしれないのです。

あるいは、鬱病の人や適応障害が見られるような人も、上記のように行動が変化することもあります。

精神的な部分で何らかの異常が生じると、それが行動の方に出てしまうので、その結果今までとはまるで違う行動に繋がってしまうのです。

このように、今までの自分とは違うと感じたのであれば、すぐにでも医師に相談して、検査をしてもらうのがいいでしょう。

もし認知症だったとしても、早期で発見すれば症状を抑えることもできますし、他の問題が発見されたとしても、やはり早い段階で知ることはとても大事なことなのです。

ただ、場合によっては普段とは違う行動をしていると、自覚ができないケースもあるのです。

いきなり行動が変化するわけではなく、徐々に変化していくことが多いので、これが普段の自分だと思ってしまうこともあるのです。

ですから、もし周りの人に指摘をされたのであれば、自分の行動が変化していると気づくことが必要になるのです。

自分で気づけない場合であっても、誰かに指摘してもらうことによって、早期発見のきっかけとなりますから、周囲の意見にも耳を傾けるようにしましょう。

逆に、周囲で上記のように行動が変化する人がいるのであれば、同じように指摘してあげることが大事なのです。

「認知症の前兆(軽度認知障害)を見逃さないで!」

これって認知症?(認知症の兆候)

Author: テイスティ